上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 だいぶ日が経ってしまいましたが、5月10日の品川巡検の報告です。9人の参加者で、武蔵小山~大森海岸を巡りました。
 今回の巡検は、品川区内の商店街を見に行く、という目的で行いました。まずはじめに行ったのは、武蔵小山パルム。ここは、アーケード商店街として都内最長(800m)だそうです。GW期間中ということもあってか、ドラゴンの飾り物がいくつも吊り下げられていました。また、「パルムカード」というカード(ポイントカードとクレジットカードの機能を兼ね備える)があるのですが、ちょうどそのポイント2倍の日(毎月10日)だったり、風船をたくさん配っていたりと、午前中にもかかわらず賑わっていました。
 店舗の種類は、昔ながらの文房具店から、マックなどのチェーン店まで幅広いです。スーパーマーケットも商店街の中にあり、これが現代の商店街なのかなという気もします。

 武蔵小山から少し歩くと、戸越銀座に着きます。ここの商店街(3つの商店街が集まって1つの商店街を形成している)は、長さ1.6㎞でおそらく都内最長。だいぶ長いので、自然と二手に分かれて巡っていました。いろいろと興味を惹かれる店があり(古本屋さんやプラモデルの店がいい雰囲気でした)、じっくりと見たら半日はかかりそうです。
 また、この商店街では、「ユビキタス商店街プロジェクト」というのをやっています。そのことについて調べるために、「とごしタス」という施設に行きたかったのですが、この日はお休み。仕方がないので、隣にあった休憩所に入ってみると、商店街の紹介が少しだけありました。それにしても、商店街に休憩所というのが面白いです。

 商店街を抜けたら、品川区役所などを通って、大井町へ向かいました。ここでは特に何かを見るつもりではなかったのですが、「みんなの食育ステーション」というお店が面白そうだったので、入ってみることにしました。食材を売っていたり、料理教室をやっていたり、各種冊子が閲覧できたりと、狭いスペースの中でいろいろなことをやっているようです。農業に関する冊子をいくつか頂いてきました。

 さらに歩いて、青物横丁へ。とりあえず昼食にしようということで蕎麦を食べ、それから商店街を巡りました。ここは、先ほどの2つに比べ規模が小さいですが、「タッチャン」というポイントサービスを導入しているのが特徴です。
 少し歩くと、「品川縣ビール」というのぼりのあるコンビニが見えてきました。「日本最初のビール」「日本最古の酵母」と書かれています。気になったので、中に入ってみると、「品川宿」というお酒も売っていました。こんなところにもご当地商品があるんですね。記念に購入していきました。
 ところで、このあたりは、宿場町ということを意識したまちづくりがなされているようです。商店街の中の公園など、さまざまなところに、そのような要素が感じられました。

 これで商店街のことは終わりにして、次は「しながわ水族館」に向かいます。新馬場から京急線に乗って、大森海岸へ移動しました。水族館は「しながわ区民公園」の中にあります。チケットを買って、館内へ。久しぶりの水族館を楽しみました。「東京湾の干潟と荒磯」、「群れを作る魚たち」、「クラゲたちの世界」、「珍しい魚たち」あたりが特に良かったです。

 水族館を出ると、ジャグリングなどの大道芸をやっていました。それを少し見たら、駅に戻ります。そして、再び京急線で品川へ。ずっと歩きっぱなしで疲れも出てきたので、ここで解散にしました。

 この日は、前回とは打って変わり、天気が良く暑いほどでした。参加した皆さん、お疲れ様でした!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://band4.blog99.fc2.com/tb.php/54-9bfb16bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。